七五三の千歳飴

七五三の千歳飴の由来や食べ方について

七五三と言うと、千歳飴を持って記念撮影、と言うイメージですよね。縁起物ですっかり七五三の風景に溶け込んでいます。でも千歳飴の由来、考えたことがありますか?昔と今の千歳あめ、見直してみましょう。

 

うまいキャッチコピー!

所説あるようですが、江戸時代の飴売りが考えたのが「千歳飴」といわれています。お砂糖が大変貴重だったころ、切り売りをせず、長い一本のまま販売するために付けた名前でしょうか。子どもの長寿を祝う七五三と出会うことで現在まで定着する定番商品になったのですから、巧妙です。

 

千歳飴って持参するの?

あらかじめ千歳あめを用意して七五三に持っていくおうちは少ない様です。なぜかと言うと、大体の場合ご祈祷の後、もらえるから。もし頂けなくても境内で販売していたり、参道の老舗の飴屋さんなどで手に入るので、心配はいらないでしょう。しかしどうしても必要、記念撮影を前撮りする場合は、前もって買うのも良い方法です。どこでも売っているものではないですが、楽天通販などを利用すれば、場所や時期を気にせず入手できます。季節になると、不二家では千歳飴を販売していますし、老舗の手作りの飴、空気を含みサクサクと、とってもおいしいそうです。七五三の準備がてら探してみるのも良いでしょう。

 

千歳飴の食べ方

千歳飴はお参りの後、自宅で家族で食べるほか、お祝いを頂いたお返し、いわゆる内祝いとして配るのも良いとされます。何本、と言う決まりはなく、紅白で2本の場合や3つの祝いで3本、7つなら7本と、本数を変えている神社もあるようです。縁起の良い印刷の飾り袋を頂くことも多いので、そのまま持ち帰りましょう。同じく縁起の良い飴として男の子の顔が練りこまれた金太郎飴がありますが、千歳飴が必ず金太郎飴ではありません。中には金太郎飴の千歳飴もありますが、少数です。

 

直径15ミリ、1メートル以内が規定とされる千歳あめ。なかなか食べきれませんよね。縁起物を砕くのも気が引けますが、千歳飴は砕いて食べて良いものです。余ったらお砂糖代わりにお料理に使っても良いでしょう。

 

⇒七五三の記念写真撮影は出張カメラマン