七五三の初穂料・玉串料

七五三の初穂料・玉串料の書き方や包み方・渡すタイミング

七五三のご祈祷には、費用として初穂料や玉串料が必要です。読み方は「はつほりょう」「たまぐしりょう」。昔は品物が奉納されましたが、現在は奉納金に代えています。奉納料と言う言葉には矛盾がありますので、もし他の言葉なら「ご祈祷料」「お礼」などを使いましょう。

 

のし袋の書き方

神前でお札をそのままやり取りすることはマナー違反とされます。何らかの入れ物、無地の白い封筒でも良いので、準備をしましょう。一番良いのは熨斗袋です。表書き上部中央、お手紙の宛名の位置に「御初穂料」、下部中央に七五三に当たるお子さんの名前を書きます。裏書きには下部左側へ住所と金額を。中袋があったら、表中央に金額を、裏下部左側に住所とお子さんの名前を書きましょう。水引は紅白の蝶結びを使いましょう。同じ紅白でも結び切りはNG。無地の封筒の場合も、のし袋と同じように表書きと裏書を書いて準備完了です。

 

初穂料、玉串料の包み方

兄弟や双子など複数の子がいる場合は、いくら必要か神社に聞いてみましょう。場合によっては一つの熨斗袋に連名でOKだったり、料金が割り安になったりします。心配ならふたりのお子さんそれぞれに初穂料を用意しましょう。相場の目安は一人5千円、新札は気持ちが良いですが、わざわざ用意しなくても大丈夫。お札の向きは、人物の印刷を表にしましょう。熨斗袋は袱紗(ふくさ)に包んでお持ちすると丁寧です。

 

初穂料、玉串料、いつ渡す?

神社では七五三に限らず、ご祈祷の受付が設けられています。ご祈祷料の納め方、タイミングは受け付けが良いでしょう。まずは七五三の旨を伝えます。渡し方としては、のし袋の向きを相手へ直し、お渡しします。申し込み書に記入する場合も、お子さんが二人いれば二人分記入が必要な場合、連名で申し込める場合があります。

 

ご祈祷をせず参拝だけでと言う場合は、ご家族でゆっくりお参りされ、お賽銭箱へ入れましょう。家族と参拝するだけでも良い思い出になります。

 

⇒七五三の記念写真撮影は出張カメラマン