七五三の被布(ひふ)

主に三歳の七五三で着用する被布(ひふ)について

被布とは、着物の上着のことです。かぶせるように着せます。読み方はヒフ、昔は防寒着として大人も着ていました。現在もコートとしてあるのですが、七五三、主に3歳の子どもが着物の上に着る姿が一般的です。比較的構造が簡単ですので、寸法や型紙、作り方の指南があれば手作りすることもできるでしょう。素敵な生地、解いても良い着物があったら挑戦してみて下さい。

 

男の子

七五三用の着物をレンタルやセット販売で使うと、被布もセットになっているものがあります。着物とデザインを合わせてあったり、着物が正絹であれば被布も正絹で作られているでしょう。着物は初着を直して使うと言うと、被布を単品で探すことになります。着物との兼ね合いを考えて購入しましょう。

 

色は白や黒が多く、深い緑もどんな色にも合わせられそうです。男の子の場合、3歳の着物を探すと、今では羽織袴のセットも多い様です。でも三歳は髪置き、五歳で袴着となりますので、本来は3歳では袴を着ません。まだ小さいお子さんに重たい着物を着せるより、付け紐で着物を着、被布で前後を隠す着せ方が楽ですよ。

 

女の子

七五三では3才の女の子がふんわりした被布を着ている、と言うかわいらしいイメージです。色は赤やピンク、白が定番です。絞りを入れた、豪華なものもあります。お着物に合わせた色を着ると素敵です。子どもの着物は帯がなくても着られます。でもちょっと寂しいので、被布でお腹回り、つまり帯のあたりを覆うスタイルになったのでしょう。

 

華やかな柄がある袖や裾は隠れませんし、被布そのものも刺繍や花飾りがあったりして、お祝いにピッタリです。着やすいもので、締め付ける心配もなく、お子さんもさほど嫌がらないのでは、と言う和装です。地域によっては3才でも帯が良いとする場合もあり、不可能なことでもありません。3歳で帯を締めたら7歳では袴にする、と言う選択肢もあります。無理に「これでなければ」と言う制約は、現在は残っていない様ですので、好みやおうちの都合を優先しても良いのではないでしょうか。

 

⇒七五三写真の記念撮影は出張カメラマン