七五三の費用

七五三の総額費用いくら?平均予算や各種料金相場について

七五三にはどれくらいの費用が掛かるでしょうか。地域で違いはありますが、一般的には両親が費用を負担し、執り行う行事です。各必要経費から、総額の平均予算を考えてみましょう。

 

神社で

七五三ではご祈祷やお祓いをする場合は初穂料が必要です。神社によっては3歳、5歳、7歳で金額が違うこともありますが、大体お子さん1人で相場は5000円。もし参拝だけで済ませれば、費用はお賽銭だけ。

 

衣装

七五三の衣装、おさがりや頂き物で済ませばタダですが、着物をレンタルすると6千円くらいから。良いものやデザインを選びたくなると2万円くらいすることも。2万円も出して借りるなら、化繊の七五三セットや中古のセットは十分に購入できます。もちろん、正絹の良いものを探すと、一ケタ繰り上がってしまうでしょう。

 

ママもパパも着物をレンタルする場合、お一方1万円くらいから貸衣装が見つかります。多くのご家族は手持ちからスーツやセットアップを着ますので、ご家族の分はタダのおうちも多いです。

 

準備

着付けにプロの手を借りると相場で5千円と言われます。美容院ではヘアセットと着付けのパック料金にしている場合も多く、8千円から1万円くらい。子どもの着物は簡単なので三歳、五歳なら着付けは不要の場合が多いです。七歳や小さい子にも手結び帯を使うなら技術が必要でしょう。洋装の場合は、心配ご無用。ヘアセットも男の子には不要ですが、女の子は必要なこともあります。写真館で衣装とまとめてお願いするケースも多いです。

 

食事会

七五三の後に会食の席を設けると、お一方3千円くらいかかるでしょう。節約を考えるなら、ご自宅へお招きし、お料理を手作りするなど工夫が必要です。手土産をお渡しすれば、そのお金も発生します。お招きした祖父母からお祝いを頂くことがありますが、それを食事会や七五三の費用に充てることもできます。

 

写真

現代の七五三は、写真重視。もし出張撮影を利用するなら、撮影が3~5万円。プリントなどは大抵別料金です。撮影データがあれば、アルバムやプリント、年賀状への加工が随時行えます。子ども写真館では、衣装、着付け、撮影などを無料で行うお店も多いですが、作る写真商品によっては高額になることも多く、あれもこれもかわいい、このカットもと追加するうちに10万円になっちゃうことも。サービスを上手に利用して、欲張らないよう気を付けると1~3万円に収まるとのこと。

 

で、みんなどのくらい使うの?

この頃は七五三1回に、3~4万円の費用を考えているおうちが多い様です。衣装はレンタルして、その分食事会を奮発。せっかくだから家族全員着物を着て、写真撮影。あるいはおさがりの衣装があるし、両親だけ付き添って、何よりお参りが大事。写真は自前のカメラで十分など。おうちによってそれぞれ最適のお祝い方法があります。何を優先するかによって、費用や方法に違いがみられるのも現代の特徴です。

 

⇒七五三の記念写真撮影は出張カメラマン