七五三はいつまで

七五三はいつまで?数え方や期間について

七五三の「いつ」について、探ってみましょう。本来の日にちや基本知識も一緒にご紹介いたします。

 

本来の七五三の時期っていつ?

現代生活が定着するまでは、「数え年で三歳、五歳、七歳の11月15日」が七五三の日でした。数えとは、全員の誕生日を元日とする年齢の数え方です。生まれたら1歳、お正月に一つずつ年を重ねます。1月生まれも12月生まれも、全ての人がお正月に年を取るので、大みそか生まれの赤ちゃんは、翌日の年明けには2歳、お正月生まれの赤ちゃんは翌年まで1歳です。ちょっとややこしいのが七五三のある11月生まれ。こちらも数えなら、既に1月1日に年を取っているので問題ありません。

 

満年齢で言うと、数えの七つは六歳の年長さん、早生まれの方は翌年、小1になってからになります。同じく五つは年少さん、三つは二歳のころ。それぞれ早生まれならその翌年と言う計算です。でも1月、2月生まれだから年長さんには行けない、と考える必要はありません。

 

着物の準備の関係上、兄弟、姉妹で1回で済ませたい方も、「下が男の子だからいつ」「お姉ちゃんはいつ」と年齢や性別を考えると準備が非常に面倒です。7歳頃までに1〜2回お参りができれば良く、何歳だから、何月生まれだからとこだわる必要も、今はないでしょう。一般的には男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳に七五三を行うのですが、考え方や地域にもよるようです。絶対にいつまでに!とやる時期が決まっているものではありません。

 

いつ七五三に行く?

七五三は15日にやるのが良いのでしょうか?平日だったら?身内に不幸があったら?年齢同様、現在は必ずしもその日にこだわる必要はありません。喪中なら明けてからでも良く、当日の雨は、各所へ予約してなければ日をずらす、シーズンを避けると言う判断も良いでしょう。何よりお子さんの体調が一番大切です。加えて先負、友引、仏滅など日柄を「六輝」「六曜」と言います。これらは江戸時代に流行した暦のおまけ、何の影響もありません。家族の厄年はむしろお参りして祓って頂きましょう。11月は文化の日、勤労感謝の日と祝日もありますし、早め、遅めにするのも良く、まずは行きたい神社へ七五三の受付期間を問い合わせてみましょう。

 

⇒七五三の記念写真撮影は出張カメラマン