七五三の前撮り後撮り

七五三の記念写真で利用する前撮り・後撮りについて

七五三の記念撮影を、当日行うとちょっと大変だと思いませんか?朝から出かける準備をして、美容院などへ出かけて着付けをします。そのまま神社へ行ってお参りをして、その流れで写真を撮りに行くと、帰りは何時になるでしょうか。

 

ちょっと疲れてしまうかな、と思ったら、前撮りや後撮りする手があります。時期を外して撮影することで、好きな衣装を着られたり、ゆっくり撮影できたりと良いことづくしです。ではいつ写真館へ行きましょうか。お好みの方法を選びましょう。

 

スタジオもお客さんも、"ウィンウィン"な前撮り

七五三のお参りは、中には11月だけ、と期間を限定している神社もありますので、時期をずらすのは難しいかも知れません。でも写真館は常時そこにあるもの、衣装はハイシーズン以外あまり使われず、眠っていることも多いはずです。多くの写真館は、早め早めに特典を用意して、前撮りのお客さんを待っている様子ですよ。早いうちに前撮りを済ませ、写真を作っておけば、七五三当日に祖父母へ写真をプレゼントすることもできます。

 

直後のイベントとまとめて後撮り

七五三を終えて12月にはクリスマス、1月にはお正月があります。もう少し待つと卒園、入学も。これらと七五三をまとめ、一度に撮影してしまうのが後撮りのお得ポイントです。何度も足を運ばなくてよいところと、多くの子ども向け写真館が衣装チェンジが無料なことも多いので、費用を節約することができる、と言う考え方です。

 

家族写真としては?

家族みんなで記念撮影、と考えると、七五三当日とは別日に予定を入れる前撮りや後撮りは難しい、と言う場合も出て来ます。全員の衣装を揃えることが難しく、撮影のために当日とは別に衣装をレンタルをする必要もあるでしょう。パパだけ来られない、なんてこともあり得ます。家族写真の場合は七五三当日の撮影が有利になってきます。場合にもよりますが、親も子も全員揃って、服装も揃っているチャンスは当日だけかも知れません。逃すには惜しいチャンスですよ!

 

⇒七五三の記念写真撮影は出張カメラマン