母親(ママ)の七五三衣装

着物?ワンピース?母親(ママ)の七五三衣装について

七五三の時、ママは何を着ますか?七五三はお子さんが主役ですが、お母さんが普段着と言う訳にはいきませんよね。みんなはどんなスタイルにしているのでしょうか。ちょっと覗いてみましょう。

 

動きやすい服装にします

お子さんにはぜひ着物を、と考えている母親も、ご自身はスーツやワンピースなどの洋服にする方は多いです。支度も簡単、自分には手をかけず、その分お子さんに集中することができます。七五三では神社へお参りに行きます。神様の前に立つときは「正装」と言われますが、今はお子さんを主役に、と言う面からもご両親は少し控えめにしているようです。

 

黒のスーツでも良いですが、ブラウスの色やコサージュやスカーフなどに工夫をして、華やかさを演出しましょう。雑誌のveryみたいに、かっこよくパンツスーツも着たいところ。でも「正装」が求められるシーンでパンツスタイル、本来はマナー違反だそうです。ワンピースはOK、セットアップも良いでしょう。洋装ならバックは黒などのちょっと大きめが良いでしょう。お子さんには何かと荷物が必要ですよね。でもマザーズバッグほど大きくなくても大丈夫でしょう。七五三は神社でご祈祷を受けます。ブーツを履くのはおすすめできません。加えて色つきのストッキングは避け、生足もご遠慮ください。

 

七五三ですから、着物にします

お祝い事なので着物が一番良いですよね。七五三と言う雰囲気にもピッタリなじみますので、ぜひお着物を着て下さい!いつもとと違うから着物が苦手な子も、ママと一緒なら嬉しいはずです。昔は普段着でもあったので、本来は動きにくいと言うこともないはずの着物。色んな小物が必要なところや着方が難しいのが大変なところです。帯や履物とのコーデも面倒だし、まとめてセットレンタルするのが一番手軽かも知れません。下着である長襦袢だけは用意が必要な場合もあります。当日は髪型と着付けがセットになっている美容院などが便利でしょう。ショートボブなど短い場合でも、華やかにしていただけます。

 

おめでたママへ、おすすめは?

着物は帯で、お腹を締め付ける印象がありますよね。でも妊娠中のママへ、着物が着られません、と言うつもりはありません。昔の日本人は毎日着物でしたので、妊婦さんへの着付け方も当然あります。しかし現在、普段は洋装。着物自体に慣れていないため、服装はゆったりしたワンピースなどが無難です。神社の足元は石ころや段差が多いもの。靴は低めのヒールを選びましょう。

 

⇒七五三写真の記念撮影は出張カメラマン