女の子の七五三衣装

着物?ドレス?女の子の七五三衣装(三歳・七歳)について

七五三には何を着ましょうか。娘さんをお持ちであれば、着物も洋装も、カワイイものがたくさんあります。迷ってしまいますね!七五三の女児の定番をご案内致します。

 

三歳

七五三には着物を着たいですよね。七五三用の着物は三つ身か四つ身、こちらをそれぞれの体形に合わせて肩上げ、腰上げなど、直して着付けます。お宮参りで晴れ着をお作りになられたら、そちらを直せる場合もありますので確認しましょう。

 

3歳では着物の上に被布(ひふ)と言う上着を着ます。着物も女の子に人気の赤やピンク地が多いですが、色柄も豊富ですので水色やからし色、紺地のレトロデザイン着物も素敵です。持ち物は3歳では巾着が定番スタイルです。

 

ドレスの場合、写真だけならロングドレスもとってもカワイイですが、外には出られないでしょう。お子さんに似合う髪型にしてあげて、バッチリ七五三を楽しみましょう。プレゼント用に写真をお考えなら、和洋両方はとても喜ばれますよ!

 

七歳

昔の子どもより、うんと体格が良い今の女の子。着物の常識も昔とは少しずつ変化しています。思い切って大人用の本断ちを直しながら着る、と言う方法もあります。着付けもきれいにしてあげたいですよね。もし帯が作り帯でしたら、もう難しい作業は終わっています。事前に練習をしておけば、お母さんが着せてあげられるでしょう。

 

着物には日本髪を結いたい、と言うなら。髪飾りはぜひ「ちんころ」や「かのこ」を使ってみて下さい。リボンやヘアバンドの役割をするもので、とってもかわいらしい「日本女子」の完成です!7歳の持ち物は「はこせこ」。小さな物入れですが、ここへ「ビラカン」(かんざし)を差し、懐へ差し入れます。

 

ドレスを着て、すっかりお姉さんになった娘さんの記念撮影は感慨無量です。きっと将来の姿を思い浮かべてしまうでしょう。洋服でお参りへ行くなら、ワンピースやスーツなどはいかがでしょうか。普段と違うものをいくつか揃えてあげるだけでも、気持ちが引き締まります。

 

その他

地域によっては5歳でも女の子のお祝いをすることがあるようです。日本は起伏に富み、文化も地域によってそれぞれ残っています。美点は受け継ぎましょう。和装の履物は草履、下駄、雪駄などありますが、お子さんが歩きにくいと困りますので、履きやすいのが一番。草履やぽっくりなどがよいでしょう。

 

⇒七五三の記念写真撮影は出張カメラマン