男の子の七五三衣装

スーツ?着物?男の子の七五三衣装(三歳・五歳)について

七五三の衣装について、今回は男の子に何が良いのかを考えましょう。昔なら、と今なら、と言う視点も交え、おうちの好みに合った衣装が見つかれば幸いです。

 

三歳

七五三は数え年で、とお考えであれば、現在の満年齢では2歳の頃に行うことも多いです。二歳はまだ小さすぎるな、と言う判断もあり、今は満三歳で七五三をする方も増えています。また男子は五歳ですればよいとする地域もありますので、無理に行うべき、と考えなくても大丈夫です。

 

七五三の3つのお祝いは「髪置きの儀」となります。5つで「袴着」ですので、本来なら三歳では袴を着ないのですが、現在の主流は袴です。手持ちの子ども用の着物があれば、あらかじめ肩上げや腰上げをし、着ることができます。袴以外には、被布(ひふ)と言う上着を着る形や、兵児帯で着物を着る方法があります。伝統文化を重んじるなら、こちらから選ばれてはいかがでしょうか。

 

洋装なら、スーツに蝶ネクタイなどもおすすめ。気候によっては、シャツにベストを着て、ネクタイなどでもカッコイイですよ。寒くなるなら、上着を。洋服は着付けも不要、レンタルすれば着回しを考える必要もありません。

 

五歳

男児の正式な祝いは五つとも言われ、袴を着るのが習わしです。着物を普段着にもしていた頃の儀式が七五三です。これから身に着ける袴の厄を祓う意味もあります。男の子はかっこよく紋付き袴、あるいは羽織袴。履物は下駄や草履が良いでしょう。扇子や日本刀など、持ち物に凝って記念撮影もぜひ!

 

五つのお祝いを満年齢で行う場合、近い行事に卒園式や入学式があります。他にも結婚式の予定があるなど、使いまわしを考えるなら、スーツを新調しても良いですね。1年ちょっとの間着られる様に、若干大き目サイズを選ぶと良いでしょう。ズボンの裾上げ、スーツの丈詰めなどで体に合わせ、成長したら裾を出し、丈を出しましょう。記念撮影用には、ブーツやレザージャケットの衣装を借りて、ヤンチャに仕上げるのも人気です。ブリティッシュで、帽子にサスペンダーもかわいく決まります。祖父母へのプレゼント写真に、うってつけです。

 

⇒七五三の記念写真撮影は出張カメラマン