父親(パパ)の七五三衣装

スーツ?着物?父親(パパ)の七五三衣装について

七五三の時のパパの服装を考えてみましょう。お子さんが素敵な着物を着ているなら、お父さんもそれなりの服装をするべきでしょう。何を着れば良いでしょうか。いろんなケースを考えて行きましょう。

 

子どももママも着物

みんなが着物なので、パパも着物を着ましょう。「宮参りは正装で」と言われますので、正式には紋付を着ると良いのですが、現在はこだわることなく選ばれているようです。レンタルをすれば、あれこれ困る必要はありません。必要なもの一式をまとめて借りられます。普段着とは違うカッコイイ父親の姿をお子さんに見せてあげましょう。

 

とは言え、パパだけスーツと言う場合も現在は多いです。黒に近い色のスーツに、きれいな色のネクタイを合わせて頂くと、お着物とも良く合うと思います。本当ならビジネススーツとフォーマルスーツ、礼服は別のものなのですが、私服のビジネススーツから選ぶと言う場合は、黒や濃紺、濃いめのグレーなどにすると良いでしょう。

 

子どもが着物、ママは洋装

この場合、ママに合わせて洋服を選ぶと良いでしょう。ママは子どもを引き立てるよう、一歩下がった服装にされていると思いますので、パパもそれに習うと良いです。七五三はお祝い事ですので、地味になりすぎないことも大事、となると難しいのですが、ちょっとポケットチーフを入れてみたり、シャツの色をブルーにしてみるなど、少しだけ色を使うのが上手なコーデのポイントです。ネクタイの色は、明るめがコツ。赤やピンク、黄色やシルバーなどを基調にしたものが良いでしょう。

 

もし「それほどこだわらなくても」と言うなら、ママと相談して格を合わせましょう。ママがワンピースでパパだけ礼服ではやはり違和感があります。その場合はノーネクタイでも良いのではないでしょうか。七五三では家族の雰囲気があえば良いと思います。大きいご兄弟が付き添いされる場合も、同様に。やや控えめにした正装、を基本に、手持ちを生かしてコーディネートしましょう。

 

⇒七五三写真の記念撮影は出張カメラマン