七五三とは

七五三とは?意味や由来・やることについて

子どもの成長をお祝いする儀式は様々ありますが、中でも七五三についてはすぐに思いつく、今も暮らしに近い習わしです。七五三とは平安時代にルーツを持つ、昔ながらの行事なのですが、当時は宮中の年中行事として行われていたものでした。それが庶民にまで広がったのは江戸時代といわれます。数々の儀式の中でも歴史的に古く、仏教の伝来より以前から日本文化に根差しています。

 

なぜ7、5、3なの?

日本では1、3、5、7、9の奇数はめでたい数とされ、祝儀などに使います。七五三とは子どもが無事に成長していることを氏神様へ報告し、お祝いするのが目的の行事です。社会の仲間入りの通過儀礼としても重要な位置づけをされてきました。お祝い事と言うことに加え、子どもにも厄年があり、3、5、7歳はそれに当たります。お宮参りと合わせ、七五三とは厄除け、厄払いも兼ねた意味を持っています。

 

何をどうするの?

3歳は「髪置きの儀」、それまで剃っていた髪を伸ばし始めます。5歳は男児のお祝い、「袴着の儀」、袴を着始める頃。7歳は女児で「紐落(ひもおとし)」あるいは「帯解の儀」、子ども用の紐付きの着物から、帯の使い始めをお祝いします。着物が普段から着られた頃に由来しているのが、よくわかりますね。

 

もっとも現在は男女の違いなくすることも多いですし、普段着は洋服です。帯や袴の厄を落とす必要もなくなりました。七五三について現在のスタイルでお祝いされ始めたのは明治頃、東京からと言われています。晴れ着で氏神様へ参詣し、ご祈祷などを受け、長生きを願う意味の千歳あめを持ち帰り、記念撮影をする手順が定着しました。地方ごとに大変差違が見られる風習でもあり、男児は15歳で行う地域があるなど、やることや時期が違ったりするんですよ。

 

お住まいの地域の風習に習うか、全国的に普及したスタイルを選ぶか。様々な理由から、色んな方法で子どもたちをお祝いしている今の家族。でも願い事だけは昔と同じですよね。子の健やかな成長と幸福を願う気持ちがあれば、きっと良いお参りになるでしょう。

 

⇒七五三の記念写真撮影は出張カメラマン