七五三の内祝い

七五三の内祝い定番・人気ランキング情報

七五三の内祝い、定番は「お赤飯と千歳飴」。昔はもち米はごちそうの代名詞、千歳飴もお砂糖が非常に貴重だったので、どのおうちにお配りしても大変喜ばれたようです。現在は子どもを持たないおうちに飴をお配りしても困るだけ、と言う意見も聞かれ、様々な内祝いが開発されています。面白いものもたくさん、選ぶのも楽しくなりますよ!人気の通販サイトから、ランキングをまとめてご紹介致します。

 

「名入れ」はベネッセ、ベルメゾンが強い

七五三ではお子さんの名入れギフトを贈りたい、と言うなら、ベネッセたまひよ内祝いやベルメゾン内祝いが得意です。ロールケーキやバームクーヘン、カステラ、紅白まんじゅうなど和菓子にもかわいく名前を入れてくれます。お菓子自体に名前を入れてくれるほか、カードや礼状、水引を印刷した掛け紙に入れてくれることも。ご実家の祖父母に贈るためフォトフレームも選ばれています。

 

三越・伊勢丹は「赤すぐ」とコラボ

出産、子育て専門通販、赤すぐとタッグを組んだ模様、三越・伊勢丹内祝いは手厚いサポートが特徴、しっかりママに持ってこいです。妊娠中から計画的に取り組めるよう、内祝いについて詳しくわかるようにサイト画面を構成してあるのが魅力です。定番のクッキーの他、佃煮や名入れ袋入りのお米、タオルもリッチなメーカーのものが揃いました。

 

楽天、やっぱり幅広い!

通販と言えば楽天。内祝いの人気も幅広く扱われています。おせんべいからワッフル、チーズケーキやお茶、お米など、お取り寄せグルメの延長で内祝いを選ぶ、と言う背景が見えます。何がいいか迷ったら最終兵器、カタログギフトや商品券も人気です。金額がはっきり表れる商品券は、送る相手をよく考えましょう。必要なら名入れのサービスがあるものも。探してみましょう。

 

いつ届けよう?

良く言われるのは、七五三が終わったら一週間以内にお届けしましょう、と言うマナーです。加え、頂いたお祝いの「半返し」が相場とも。しかし本来の内祝いの意味は、これからもよろしくお願いいたします、と言うご挨拶です。貰ったから返すんです、と取られてはむしろ失礼に当たり、大変難しいのですが、あまり長く時間を置くと何の内祝いか分からず、送られた方も困ります。時期を逃さずタイミングよくお届けしましょう。

 

品物にお礼状を添えると、遠方への郵送の際もお気持ちを届けられますが、ベストは七五三をされたお子さんにご両親が同伴してのご挨拶です。晴れ着を見て頂くのも良いでしょう。可能ならチャレンジしてみて下さい。

 

⇒七五三の記念写真撮影は出張カメラマン